東証上場させた一流社長


先日、京都祇園の一等地に抹茶店をオープンされたS社長が、年末のご挨拶ということで京都から東京の我が家に来てくれました。S社長は、以前、準医療業界で業界初となる東証上場を僅か10年で達成させた一流経営者。今回のお店は、日本の一流抹茶を世界へ広めるための第一歩。お聞きすれば、大きな夢を持ち、具体的に緻密な航海図も描かれています。素晴らしい人々が賛同していて、2社目の成功も夢ではなさそうです。

彼はいつも謙虚で品があります。
派手さは好まず、本物だけを愛し、いつも人を大切にし、素直で物腰柔らか、頭は優れ、自分なりの考えを持ち、常に前を見てニコニコしています。私は、この会社を立ち上げる前は大企業向けのコンサルタントとして、幾人かの一流経営者とお会いしてきましたが、やはり成功する人には共通点が多い。佐藤社長は更にその素晴らしい「人柄」に確実に成功させる要素があるのだと思います。

先日、京都工芸最高峰とも言われる「貴和皓山」氏の高級茶器をご入手されたそうで、今回、我が家のリビングでお茶を試飲させて頂きました。まるでワインを飲むかのようにお茶の味が茶器によって変わります。西欧のグラスは香りを楽しみます。日本の茶器は、香り、温度、見た目、口の中のどの部分で味わうのか、など様々な楽しみ方が出来るそうです。この茶器での試飲第一号が私ということで、とても貴重な経験をさせて頂きました。来年から良いスタートができそうです。

「人、人、全ては人の質にある」

(20171222 記事:岡野安暢)

 
 
  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日付でBLOG検索

カテゴリでBLOG検索

《岡野BLOG》最新の投稿

PAGE TOP