AIで時代はまた大きく動く


最近、AIやロボットの話題が多くなりましたね。第4次産業革命が注目されるようになりました。この産業革命は、各産業界に大きな影響を与えている訳ですが、その認識レベルや具体的な将来像については、どうもその立場や業界によって大きく異なっているように筆者は感じています。人によって「第4次産業革命って何ですか?」や「具体的な技術がどう進歩していくのか聞きたい」など、様々な情報レベルに違いがあることを感じているからです。そこで、このブログ記事では、第4次産業革命について初心者の方向けに、この革命で各産業界が受ける影響や、今後の方向性などについて、ポイントをまとめて分かりやすくご紹介していきたいと考えています。

「ところで、第次産業革命て何?」

産業界の構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。筆者も色々な書籍に目を通したり、キーパーソンに会いに行ったりしていますが、そこで語られることはまだ抽象的なことが多くて今いちピンと来ません。おそらく中小企業の社長の皆様もそうなのではないでしょうか。そうした疑問を解消するため、これから第4次産業革命で起こることや、社長として必要となることについて分かりやすくお伝えするつもりでいます。そもそも「第4次産業革命とは何か」について少し触れてみます。

「繋がる×械のがポイント

当然のことならがら、第4次産業革命の動きは、現在は大企業が中心となって取り組みを見せているのは事実です。しかし、これから到来する新しい時代のキーワードは、「つながる」と「機械の知恵」です。IoTは「つながる」ということで価値を生み出し、AIは人の知恵を超えて「機械が知恵を持つ」ことで価値が発達していきます。つまり、社会がバリューチェーンでつながっている限りは、これから始まる新しい時代は、企業規模に関係なく、商流や業者や顧客、下請けなどにも関係なく、「つながる」ということが大前提となるのです。更に人工知能の発達で人間の知恵を超えて機会が考える新しい時代の到来です。第3次産業革命までは人間が考える前提で機会をコントロールしていたのに対して、第4次革命では考えることすら機会に任せてしまおう!というのが面白い特長です。社長が社員を信頼して考える仕事をお任せていくイメージに近いと思います。これから社長として貴社の価値を最大化されて行くには、この2つのポイントを意識しながら進めていかれると良いでしょう。大企業や政府などが「AIやIoT活用」に関してかなり積極的な施策を打ち出してきており、こうした状況は中小企業にとって「大きなチャンス」になると筆者は考えています。

 理的なものに置き換えられる事はくなる

よく、第4次産業革命で無くなる「職種」とはという記事を見かけます。オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が論文「雇用の未来」で「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」と予測したことに端を発しています。その論文で「90%以上の確率で消える仕事」と言われているのが以下職種です。
●電話オペレーター
●スーパーマーケットのレジ係
●弁護士助手
●ホテルの受付
●銀行の融資担当者
●税務申告の代行者
●簿記・会計の事務員
●機械修理屋
●図書館の補助員
●塗装・壁紙張り
●造園・用地管理の作業員
●外科医
●歯科医
●小学校教員
●心理学者
●人材管理職
●システムアナリスト
●民泊経営者
●看護師
●薬剤師
これまで専門的と言われていたような「職種」もなくなってしまうとのことで外科医や弁護士助手などが入っているのも驚きです。これらの「職種」を見ていると、これまで難易度で切り分けられたものよりも、論理的なものに置き換えられるかどうかが、判断基準のような気がします。

needswantsの再検討時代」

ニーズは、生活の中で不足したものを求める衝動、ウォンツは更に満足を得たい欲求という意味で話しを進めます。
「モノや情報が溢れている時代」などと言いますが、何もそれは現代だけのことではありません。いつの時代も「昔に比べて」というだけの話しだと私は考えています。そもそもお客様って何を求めているのかというと単純に言えば「欲しい」を求めています。その「欲しい」は社会の変化によって変わります。今は、高級ブランド品や高級車などに高いお金を払ってでも欲しいと考える人がいたとします。しかし時代が変わると同じ人なのに「欲しい」と考える対象が変わる可能性があるのです。例えば、大工さんの道具で考えてみます。江戸時代は、木に穴を開けるときにはキリを使いました。穴を開けるのに最低限必要なのがキリだったので大工にとってニーズ製品です。そのキリの中にも切れ味が良いものや使い勝手が工夫がされているものがありました。穴を開けるだけならば何を使っても良いのですが、少し高いお金を払ってでも良いキリが欲しくなったりします。それが大工にとってのウォンツ製品です。時代が変わり、今も変わらず良いキリが「欲しい」かというと、今は電気ドリルが「欲しい」に替わっています。更に電機ドリルにも「1ミリの穴を開けるドリルが欲しい」とか「音がしないドリルが欲しい」と欲しいの内容も時代によって変わっていくのです。
AIの出現で、考える事を機械ができるようになりますから製品やサービスが劇的に変わります。AIに置き換わる製品やサービスは無くなるかニーズ製品になるでしょう。

長がこれからやるべきこと

社長の仕事は、マーケティングです。「欲しい」と考えるお客様を連れてこなくてはなりません。
これから社長に求められることは、新たな時代の「欲しい」を察知することです。AIの出現で、製品やサービスが劇的に変わりますから、人々が「欲しい」と考えるものも変わります。新しい価値を生み出す必要があるのです。ですので、そもそもAIに何ができてどう進化していくのかなどの情報を集めておくことは必要でしょう。「人々が満足する」がどう変化していく前提となるからです。そしてその新しい価値が、いつ、どのように、どれくらい必要になるのか、求められる知識、技術といった能力はどのようなものか、などの検討も併せて行っていく必要があると思います。どんなに素晴らしい技術であっても、それを利用するのは「人」です。その技術によって「人」が幸福を得られるものでなくてはなりません。新たな技術革新により、「人」の思考や行動も変化していくことを考慮に入れて、経営を考えていく必要があるでしょう。

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日付でBLOG検索

カテゴリでBLOG検索

《岡野BLOG》最新の投稿

PAGE TOP